最新情報

【報告】10/1 小川新二法務省矯正局長が来学

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2015年10月5日

 2015年10月1日、当センター主催の特別講演会(「矯正行政の現状と課題について」)の講師として、法務省矯正局長の小川新二氏をお招きしました。
 ご講演前に、小川氏は赤松学長を表敬訪問されました。

 今回の講演会は、将来、刑務官や法務教官、法務技官などを志す本学学生ならびに矯正・保護課程の受講生らを対象に矯正行政の魅力や理想について学習を深めることを目的に企画したものです。この講演会は、政策学部が開講する「政策過程論」、法学部が開講する「公共政策論」の授業と合同で開催し、200名を超える人が聴講しました。
 今回、矯正行政のトップである現役の矯正局長から、直接矯正行政の現状や課題、施策等についてお話しが伺え、講演会に参加した学生らは矯正行政に対する理解がさらに深まった様子でした。また、矯正職員の意義や魅力についても熱く語っていただき、学生にとっては矯正に携わる専門職員へのキャリアイメージの醸成にもつながり、大変有意義な講演会となりました。

 また、ご講演後は、本学深草学舎至心館に所蔵している團藤重光文庫を訪問され、所蔵・展示されている品々を興味深くご覧になられていました。
赤松学長との談笑の様子
学長室にて訪問者全員で
講演の様子
講演の様子
團藤重光文庫の参観の様子
團藤重光文庫の参観の様子

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る