龍谷大学 矯正・保護総合センター 研究年報 No.3

書籍分類
研究年報/Journal
著者・編者
龍谷大学 矯正・保護総合センター
発行日
2013年12月27日発行
出版社
現代人文社
ISBN
978-4-87798-575-2

< 目次 >

特集1 判決前調査の国際比較 ― 合理的量刑のための制度的方策として

特集の趣旨 武内謙治 04
  • 特集の趣旨 武内謙治 04
  • 量刑と福祉、司法
    ~判決前調査書は量刑において何をすることができ、何をしているか?~ Cyrus Tata(訳:高橋有紀) 07
  • 犯罪者の特性に応じた量刑の促進に向け個別事情を認定するための調査
    ~ドイツにおける判決前調査報告書と機能的に等価な制度に関する議論~ Karl-Ludwig Kunz(訳:大塚英理子) 15
  • オーストラリア・ビクトリア州・障害サービス局によるクライアント・オーバービュー・リポートとジャスティス・プランについて
    Kathy Taylor(訳:森久智江) 20
  • 日本の量刑の特色と判決前調査制度を導入することの意義 本庄 武 31
  • 福祉的ニーズのある被告人に対しての刑事裁判における福祉的支援
    ~フォレンジック・ソーシャルワーク実践についての一考察~ 原田和明 40
 
特集2 被疑者・被告人となった触法高齢・障がい者への支援と処遇(司法と福祉の連携)
  • 企画の趣旨に代えて
    ~厚生労働科学研究(障害者対策研究事業)「触法・被疑者となった高齢者・障害者への支援の研究」浜井班研究の概要と政策提言~ 浜井浩一 50
  • 「更生保護施設と社会福祉の連携」調査と展望
    ~方法に注目して~ 古川隆司 70
  • 刑事手続における触法高齢・障がい者の未決拘禁の短縮・回避 斎藤 司 79
  • 被疑者・被告人となった高齢者・障がい者への弁護活動と弁護士の意識調査 我藤 諭、浜井浩一 88
  • 被疑者・被告人となった触法障がい者・高齢者への支援
    ~「障がい者審査委員会」(新長崎モデル)を中心として~ 伊豆丸剛史 116
個別研究
  • 警察拘禁制度と被疑者取調べのあり方 佐藤元治 128

このページのトップへ戻る