矯正・保護課程

本学では、戦前からの長い歴史と伝統を持つ浄土真宗本願寺派の宗教教誨を基盤としながら、日本で唯一の刑事政策に特化した教育プログラムとして、1977年に法学部が中心となって特別研修講座「矯正課程」(現在の「矯正・保護課程」)を開設しました。それ以来、刑務所・少年院・少年鑑別所などで働く矯正職員を目指す学生や、犯罪をおかしたり非行をおこなった人たちの社会復帰を手助けする保護観察官等の専門職やボランティアを養成するために実務に即した教育プログラムを提供しています。
また、社会人等の本学学生以外の方には、学校教育法の定めに基づく履修証明プログラム(「矯正・保護教育プログラム」)として矯正・保護課程を開講しています。

受講のすすめ

最近は、犯罪や治安問題が、政治課題として論じられるようになってきました。この背景には、治安状況の悪化があげられています。しかし、専門家の分析によれば、治安悪化には統計上根拠があるわけではありません。多くの人々は、警察の発表やマスコミ報道の強い影響を受け、漠然とした不安を感じています。このような不安感を背景にして、性急に犯罪や非行に対応していくならば、効果もないどころか大きな弊害を生み出しかねません。まず、事実を正確にとらえることが必要です。

矯正・保護課程では、現場の声を直接聞くことのできる貴重な機会を提供します。一般にはあまり知られていない施設の実情についても、参観などを通じて、知ることができるでしょう。犯罪や非行を考えるための正確な知識と判断力を身に付けることが、この講座(プログラム)の目標です。

特別研修講座「矯正・保護課程」について(本学学生対象)

目的

本学の歴史と伝統を活かして、刑務所、少年院、少年鑑別所などで働く矯正職員や犯罪をおかしたり非行をおこなった人たちの社会復帰の手助けをする保護観察官等の専門職やボランティアを養成することを目的としています。

関連職務・活動

矯正・保護・福祉の分野に関連する職務や活動には次のものがあります。

法務教官、保護観察官、刑務官を目指す人へ

国家公務員

  • 刑務官
    刑務所、少年鑑別所または拘置所に勤務し、被収容者に対し、日常生活の指導、職業訓練指導、悩みごとに対する指導などを行うとともに、刑務所などの保安警備の任に当たります。
  • 法務教官
    少年院や少年鑑別所などに勤務する専門職員。幅広い視野と専門的な知識をもって、少年たちの個性や能力を伸ばし、健全な社会人として社会復帰させるために、きめ細かい指導・教育を行っています。
    また、刑事施設(刑務所、少年刑務所及び拘置所)に勤務し、受刑者の改善指導などに携わる道も聞かれており、性犯罪や薬物依存などに関わる問題性に働きかける指導のほか、就労支援指導や教科指導などを行っています。
  • 保護観察官
    犯罪をした人や非行のある少年に対して、通常の社会生活を送らせながら、その円滑な社会復帰のために指導・監督を行う「社会内処遇」の専門家。犯罪や非行のない明るい社会を築くための「犯罪予防括動」を促進しています。
  • 家庭裁判所調査官
    家庭裁判所に置かれる行動科学の専門家。家庭に関する問題は、法律的な視点だけでは解決できないため、家庭裁判所調査官が、心理学、社会学、社会福祉学、教育学といった行動科学の専門的知識を活かし、事件の背後にある人間関係や生活環境等を調査するなどして、裁判官と共同してより良い解決方法を考えていくという役割を担っています。注)家庭裁判所調査官になるためには、家庭裁判所調査官補として採用された後、裁判所職員総合研修所に入所し、約2年間の研修を受ける必要があります。
  • 社会復帰調整官
    保護観察所に勤務し、精神障がい者の保健及び福祉などに関する専門的知識にもとづき、心神喪失などの状態で重大な他害行為を行った人の社会復帰を促進するため、生活環境の調査・調整、精神保健観察などの業務に従事します。

保護司

保護司法にもとづき、法務大臣から委嘱された非常勤の国家公務員(実質的には民間のボランテイア)。
保護観察官と協働して保護観察に当たるほか、犯罪や非行をした人が刑事施設や少年院から社会復帰を果たしたとき、スムーズに社会生活を営めるよう、釈放後の住居や就業先などの帰住環境の調整や相談を行っています。

教誨師

矯正施設に収容されている人たちの希望に応じて、民間の篤志宗教家である教誨師が宗教教誨を行い、信教の自由を保障しつつ精神的安定を与え、受刑者等の改善更生と社会復帰に寄与しています。

篤志面接委員

法務大臣から委嘱を受け、矯正施設に収容されている人たちに対して、種々の悩みごとに関する相談・助言や教養・趣味に関する指導など、様々な奉仕活動を続け、安全で明るい社会の実現に大きな役割を果たしています。

B.B.S(Big Brothers and Sisters Movement)

様々な問題や悩みを抱える少年少女たちと同世代の、いわば兄や姉のような身近な存在として接しながら、少年少女が自分自身で問題を解決したり、健全に成長していくのを支援するとともに、犯罪や非行のない地域社会の実現をめざす青年ボランテイア団体で、全国で約4.500名の会員が参加しています。

その他

  • 福祉関係
    民生委員、青少年調停委員、児童委員、児童または身体障害者福祉司、児童自立支援施設職員及び社会福祉施設職員
    注)児童自立支援施設職員を目指す人は、卒業後に国立武蔵野学院附属児童自立支援専門員養成所に入所することを薦めます。
  • 刑事司法関係
    警察官、裁判所調停委員、更生保護施設職員、更生保護女性会員
  • 教育関係
    学校教員、地域社会教育リーダー

受講対象

龍谷大学の在学生であること 注)本学文学部・法学部・政策学部・社会学部・短期大学部の学生が正課科目として受講する場合は、入学年度・配当年次・対象科目等を所属学部の履修要項で必ず確認してください。

受講料

講義 1単位科目:770円  2単位科目:1,540円  4単位科目:3,090円  注)正課科目として登録した科目の受講料は無料です(文学部・法学部・政策学部・社会学部(※1)・短期大学部(※2)の学生のみ)。 (※1) 社会学部は、入学年度及び科目等により取り扱いが異なりますので、各自履修要項で確認してください。 (※2)短期大学部は、正課科目、他学部開講授業科目として受講する場合のみです。
施設参観 ¥2,000程度/1日(別途発表)
注)一旦納入された受講料は返還しません。

修了認定

以下の2つの要件を満たした者には、「矯正・保護課程修了証明書」(本学独自の課程修了証明書)を交付します。

①開設科目のうち、16単位以上修得
②施設参観に2日以上参加

「成績表」は年度末の各学部の成績表配付時にお渡しします。また、卒業年次生で矯正・保護課程を履修し修了要件を満たした方には各自の卒業式の日に「矯正・保護課程修了証明書」を交付します。上記の期日以降で「矯正・保護課程修了証明書」が複数必要な方は、証明書自動発行機で「証明書交付願」を出力の上、申込窓口に提出してください。その場合、発行手数料(1通200円)が必要です。
※交付日は、原則2日後(窓口休業日を含まず)です。

履修証明プログラム「矯正・保護課程(矯正・保護教育プログラム)」について(社会人等対象)

矯正・保護課程では社会人等の本学学生以外の方を対象に学校教育法の定めに基づく履修証明プログラム(※)を開設しています。このプログラムは、本学特別研修講座「矯正・保護課程」の講義科目と施設参観(講習)を組み合わせ、本課程が定める時間数を履修することにより、体系的な知識・技術等の習得をめざすものです。プログラム修了者には、学校教育法第105条の規定に基づく履修証明書(所定の科目を履修したことを証明するもので、単位や学位を取得したことを証明するものではありません)を交付します。

※履修証明プログラムとは
履修証明プログラムは、社会人等の学生以外の者を対象とした特別の課程です。大学の教育・研究資源を活かし一定の計画の下に編成する体系的な知識・技術等の習得をめざした教育プログラムで、目的・内容に応じて総時間数120時間以上で設定されています。その修了者には、学校教育法にもとづく履修証明書が交付されます。

プログラム名称

矯正・保護課程(「矯正・保護教育プログラム」)

プログラムの開設目的

本プログラムは、刑務所、少年院、少年鑑別所等で働く矯正職員や犯罪をおかしたり非行をおこなった人たちの社会復帰の手助けをする保護観察官等の専門職やボランティアを養成するとともに、矯正・更生保護分野の仕事や活動に携わる人等のキャリアアップや知見拡充に役立つ実務に即した教育プログラム(カリキュラム)を体系的に提供することを目的としています。

履修資格

次の(1)から(8)のいずれかの資格を満たす者。(※本学矯正・保護課程委員会で受講可否の審査をする際に、(1)から(8)のいずれかの資格を満たしているかを確認するため、受講申込みの際に最終学校の卒業証明書または修了証明書の提出が必要となります。ただし、過去に本プログラムを受講し、先の証明書を提出した方は、提出不要です。

  • (1)高等学校若しくは中等教育学校を卒業した者
  • (2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者(通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者を含む。)
  • (3)外国において学校教育における12年の課程を修了した者又はこれに準ずるもので文部科学大臣の指定した者
  • (4)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者
  • (5)専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定したものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者
  • (6)文部科学大臣の指定した者
  • (7)高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者(旧規程による大学入学資格検定に合格した者を含む。)
  • (8)本学矯正・保護課程委員会において,個別の受講資格審査により,高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、18歳に達した者

定員

特に設けていません。

受講時間数(総時間数)

180時間以上

修了要件

以下の2つの要件を満たした場合、本プログラムを修了したものとし、学校教育法第105条の規定に基づく「履修証明書」を交付します。

  • (1)特別研修講座「矯正・保護課程」の開設科目を180時間以上受講し、科目合格していること
  • (2)施設参観に2日以上参加していること
※注1 2015年度までに修得した矯正・保護課程科目の単位は、本履修証明プログラムの修了に必要な時間数(受講時間数)としてカウントします。また、施設参観に参加した方についても2015年度までに参加した分は修了要件にカウントします。 ※注2 1年で上記修了要件を満たし本プログラムを修了することは可能です。また、複数年にわたり修了することも可能ですので、各自の履修計画にあわせて、学修してください。

成績発表・証明書の交付について

  • (1)「成績表」は年度末に各自に郵送します。
  • (2)「履修証明書」は上記修了要件を満たした年度末に各自に郵送します。

※「履修証明書」が複数必要な方は、証明書自動発行機で「証明書交付願」を出力の上、申込窓口に提出してください。(1通 300円)なお、交付日は、原則2日後(窓口休業日を含まず)です。

※ 2015年度までに矯正・保護課程を修了した方については、従来どおり「矯正・保護課程修了証明書」(本学独自の課程修了証明書)<1通 300円>を交付します。

受講料

(1)講  義

  12時間
(1単位相当科目)
22.5時間
(2単位相当科目)
45時間
(4単位相当科目)
受講料
(税込み)
770円 1,540円 3,090円

(2)施設参観2,000円程度/1日(別途発表)

注)一旦納入された受講料は返還しません。

審査・受講許可

本学矯正・保護課程委員会で提出された書類をもとに審査し、受講を許可します。(受講可否は、前期・通年科目は4月中旬、後期科目は9月中旬に連絡します。)

受講生たちのことば

  • 施設参観を通じて、授業で普段学んでいる矯正処遇を実際に見ることにより、矯正処遇や矯正施設の問題点等が検討できるので、矯正・保護課程は有益だと感じた。〔法学部生〕
  • 矯正・保護課程は、龍谷大学の特長的な学びの機会であり、社会的にも重要な意義をもつものであるので、できるだけ多くの方が受講することが望まれる。〔文学研究科生〕
  • 矯正・保護課程の教育プログラムで学んだことを、将来教誨師や篤志面接委員の活動に生かしていきたいと思う。〔社会人受講生〕

講師からのメッセージ

  • 「矯正・保護課程を通じて、受講生の皆さんに少しでも刑務所や少年院、更生保護の活動、受刑者や非行少年に関心を持ってもらうことを期待しています。そのような人たちが一人でも増えることが、彼らの社会復帰につながり、ひいては犯罪のない明るい社会の実現に近づくと思うからです。」
  • 「犯罪の凶悪化・低年齢化などが社会の注目を集めますが、犯罪や非行は、なぜ、起きるのか。非行少年や犯罪者は、どうすれば立ち直ることができるのか。みなさんと、一緒に考え、学んでいきたいと思います。」

このページのトップへ戻る