講演会

開催趣旨

龍谷大学は、100年以上に及ぶ浄土真宗本願寺派の宗教教誨を基盤としながら、1977年に、刑事政策に特化した教育プログラムとして、矯正課程(現在の矯正・保護課程)を設置しました。それ以来、刑務官や法務教官、保護観察官などの専門職のほか、保護司や篤志面接委員、BBSなどのボランティアの養成に努めて参りました。
また、2001年には、矯正・保護についての学術研究を推進する矯正・保護研究センターを設置しました。この研究センターは、2002年度からは、文部科学省私立大学学術研究高度化推進事業(AFC)に採択され、8年間にわたり研究活動を行ってきました。
2010年には、矯正・保護総合センターを開設し、矯正・保護課程の教育活動と研究センターの研究活動との有機的な統合をはかることとしました。さらに、矯正・保護の分野における社会貢献活動も、事業の柱として明確に加えることとしました。
その一環として、矯正・保護の実務家や関係する行政機関、民間団体、企業家、専門職の方々、地域の方々など、この問題に関心を寄せる多様な人びとに対し、それぞれの思索と相互理解を深めるため、議論・研修の場を提供する事業として、2011年度から矯正・保護ネットワーク講演会を開催させていただいております。

過去の実績

第1回 矯正・保護ネットワーク講演会

開催日 2011年12月4日(日)
特別講師 山口 良治氏(京都市立伏見工業高等学校・ラグビー部総監督)
テーマ 「私の学んだ人間教育」
講師 宮内 利正氏(大阪府保護司会連合会理事・事務局長/本学客員教授)
テーマ 「保護司の現状について」

第2回 矯正・保護ネットワーク講演会

開催日 2012年3月4日(日)
特別講師 平岡 秀夫氏(元法務大臣〈第88代〉/衆議院議員/弁護士)
テーマ 「更生保護の課題と方向性について」

第3回 矯正・保護ネットワーク講演会

開催日 2012年11月3日(土・祝)
特別講師 奥田知志氏(特定非営利活動法人 北九州ホームレス支援機構理事長)
テーマ 「困窮孤立者支援としての更生保護~下関放火事件から考える~」

第4回 矯正・保護ネットワーク講演会

開催日 2014年2月16日(日)
特別講師 田島良昭氏(社会福祉法人南高愛隣会〈コロニー雲仙〉前理事長/最高検察庁参与)
テーマ 「罪に問われた高齢・障がい者の支援のあり方について」

矯正・保護ネットワーク特別講演会

開催日 2013年11月11日(月)
特別講師 齊藤雄彦氏(法務省保護局長)
テーマ 「更生保護の課題と展望」

第5回 矯正・保護ネットワーク講演会

開催日 2015年2月15日(日)
特別講師 河野義行氏(松本サリン被害者 / NPO法人リカバリー・サポート・センター顧問/元長野県公安員)
テーマ 「被害者から見た社会の理不尽さ」

第6回 矯正・保護ネットワーク講演会

開催日 2016年2月14日(日)
特別講師 Paix2(歌手・作家)
テーマ 「ともに生きる・・・ほんとうの幸せとは」

第7回 矯正・保護ネットワーク講演会

開催日 2017年2月18日(土)
特別講師 近藤恒夫氏(日本ダルク代表)
テーマ 「薬物依存からの立ち直りについて」
対談 近藤恒夫氏(日本ダルク代表)、田代まさし氏(日本ダルクスタッフ/元タレント)
※進行役:石塚伸一 龍谷大学大学院法務研究科教授

このページのトップへ戻る